スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛べたっ

ついに飛べましたヽ(。・ω・。)ノ


かっこよく落っこちてるのではありません


飛んでるのです(`・ω・)b



レッドドラコと神獣はとりあえずできるようです(。・ω・)



ついにこんなスキルまで出たのですよ(ノ)・ω・(ヾ)


ライディングモンスターに乗って空を飛ぶことができるというスキルなんですが


空を飛ぶのをずっと夢見ていたのでこのスキルの実装を知ったときは椅子から転がり落ちるほど嬉しかったです


もうこんな勢いで⌒(゚ .ω.)


これは以前出たフライングスキルと異なってこれはどこでも使えるので


今までいけなかった場所にも行けますし


狩場の移動なんかもかなり自由度が増えます


中国のどこかです(ノ)ω(ヾ)w


あとはライディング無しでも飛べるようになれば言うことないんですけどね(ノ)ω(ヾ)


天井が高いマップで使うと高いところまで行けるのでなかなか楽しいです



夜なんとか街です(ノ)・ω・(ヾ)

・・・なんかこの光景どこかで見たような(。・ω・)



(ピー)っていうっ


・・・気のせいでしたねw(ノ)ω(ヾ)







さてちょっと話が変わりますが


最近例の原発事故で放射線の話がいっぱい出てきまして


千葉・茨城・福島あたりの農家さんたちは野菜が風評被害にあって賠償請求をしていますが


・・・たぶん僕の予想では実際あまり安全ではない・・・と思います


というのは

\直ちに健康に影響はない/

これ見れば現地がどれだけ危険か一目瞭然ですよね(・ω・。)


安全だと言い張るなら視察アピールで何故こんな服装で行くのかを是非問いただしてみたいところです


もし「万が一に備えて」という回答であればそれは結局住民は万が一の場合は犠牲にならざるをえないということでして


詰まるところ「官房長官と住民では命の重さが違います」ということを表しているようなものです


それ以外の回答であれば結局「ここは危険です」と言ってるのに等しいわけでして


いずれにしてもアピールとしては大失敗ですよねこれ(・ω・;)






「ただちに影響はない」というのは嘘ではないです


放射線の影響は食中毒のように急性ではないので影響が出るまでは数年かかります


ですが「影響が出ない」ということ自体は全く保証していません


嘘を言わないのは結構ですが本当に肝心なことを隠し続けるのは


嘘で誤魔化すのとそう大差ない気がします






ですから本当に安全かどうかを確かめる術もない我々にとってしてみれば


「基準値を下回ってるから」という理由だけで事故現場近くの野菜等を出荷されても


周囲の理解は受けられないのではないでしょうかね(´・ω・)
スポンサーサイト

転生システム

お説教中の図

誰が考えたのかこの便利な表現「自分が許せない」


自分のミスで怒られているはずなのにあたかも第三者のように振舞って


目の前の苦難から回避しようとするような使い方は間違いですよねw(ノ)ω(ヾ)


本来は周りから慰められている状況で使うべき表現です






・・・なんてしょうもないことを考えながら


ここ最近人生についてもいろいろ悩んでいましたが


皆様いかがお過ごしでしょうか(。 ・ω・)_且~







ちょっとみすずsのブログを拝見していたらこんなことが書いてありました


メイプルストーリー「転生システム」テスト中



いつものナンダッテー




【主な概要】

[転生]
 レベル120以上冒険者orシグナス騎士団
 1キャラクター1回のみ

[転生後]
 ・転生後、転生時の見た目の設定、性別設定が可能
 ・レベル10に戻される
 ・残っているSPとAPは引き継がれる(?)
 ・習得済みのスキルは引き継がれる
 ・結婚情報は引き継がれる



・・・なんか公開テストサーバーが早々に閉じちゃったのでなんともいえませんが


これかなりシステム的に大変ですよねたぶん(・ω・;)


この情報だけを見ると


・結婚情報は引き継がれるが性別を変えるとおかしくなるのでは
・APが引き継がれる場合は同じ系統の職を選べば単純にステータスが2倍になるのか
・APが引き継がれない場合はスキルを引き継いでも意味が無い場合があるのでは
・武器が異なるスキルはどうなるのか
・補助スキルだけ引き継がれる場合は職によっては不公平なのでは


・・・などなどいろんな疑問が出てきます(ノ)ω(ヾ)w


武器に関してはたぶん2つ持てるようにするといったことで回避できそうですが


APを引き継げない場合は補助スキルしか意味をなさないでしょうね(ノ)ω(ヾ)


ちなみにジャミロクさんが既に指摘されてる通りヒールは魔法使い以外が使っても全くのゴミスキルになります


とはいえそれでも聖魔の場合は補助スキルが多めなので他の職に比べるとやや優位なんでしょうかね


面白そうな内容ではありますが現状で満足してる人間にとってはちょっと悩ましいものですw(´・ω・)






(っ・ω・)っおまけ


いつぞや紹介していたニコニコアプリの牧場物語

うこっけい(*ノωノ)


ウコッケイが交換で出たんですが


ヒナの状態が可愛くて次のステップに成長させられないです(´・ω・)

他人に○○、自分に○○

たまーにいます・・かね?(・ω・;)


よくテレビなんかで誰かの昔のエピソードを紹介するときに


「田中先生は自他共に大変厳しいお方で・・・」という具合に評価しているのがありますが


それを真似してか冒頭に掲げたような「他人に厳しく自分には甘い」という若者が増えてるそうです






まだお世辞にも十分な人生経験を詰んでないのでこんなことを書くのは恐れ多いですが


恐らく「他人に厳しい」っていうのは言うほど難しくないですよね(;・ω・)


ただ単に自分の気に入らないところを指摘して他人に注文ばかりして


また他人からの甘えは一切許さないというのを貫けばいいので


特に情が移らない赤の他人に対してはかなり簡単なんじゃないでしょうか








一方で「自分に対して厳しい」これはたぶんかなり大変です


他人との論争になっても自分をあくまで客観的に、第三者として観察して相対的に評価してどちらが悪いかを判断しなければなりませんし


自分の都合を押し通すのは極力避けて他人に尽くさなければなりません


また何か失敗があればまずは自分の能力不足に起因したものだとして自分を責める必要がありますし


無事に一つのことを成功してもおおっぴらに自分の功績だ、と言わず自分がどこまで寄与したかをやはり客観的に評価して決して過大評価しないように心がけないといけません


・・・まぁよく言えば「謙虚な人」で悪く言えば「(海外から見た)消極的な日本人」ですよね(ノ)ω(ヾ)w










さて他人に対してなぜ厳しくなりがちになるかというのは一つには学校教育が関連しているんじゃないかと僕は考えてます(。・ω・)


学校教育のどんな場でもいいんですが


例えば国語の授業なんかでよく「文章を読むときは行間を読め」と言われるように


さっぱりわからない文章を読まされて筆者の言いたいことを汲み取る訓練を学校ではよくやらされるわけです


一方で自分が何かを発表・表現するとき


例えば英語の授業の英作文


今まで散々よくわからない文章を読まされてきた仕返しだと言わんばかりにみんな難しい単語を使って英作文をしますが


そうすると今度は「簡単な単語を使って『わかりやすく』書け!」と怒られるわけです


要約しますと




自分が聞く立場になると「相手の言いたいことを汲み取るように努めろ」
自分が喋る立場になると「とにかく簡単に、わかりやすく表現しろ」





・・・ちょっと理不尽ですよねw(ノ)ω(ヾ)


こうして学年が上がるにつれて


いつもいつも他人を気遣う側に回される、聞くにしても喋るにしても自分が悪い立場に置かれるということに気づくわけです


するとそのうちどうなるかといいますと


逆の立場にまわろうとするわけですね(。・ω・)






「何が言いたいのかわからない。お前の説明力がないからだ!」
「なんでこれだけ説明してわからないんだ、お前は読解能力がなさすぎなんだよ!」






この手のやりとりは実際インターネット上の掲示板なんかでもよく見かけますよね(ノ)ω(ヾ)w


そしてこれはまさしく「他人に厳しく自分に甘い」というスタイルです


かくして学校教育を一通り終わると理不尽さから逃れようとしてこのようなやや横着な方が現れるんです


ただしここで「したがってこれは学校教育が悪い」と言いたいのではありません


むしろ若者がこの「他人には厳しく自分に甘い」スタイルをとりがちな原因は


上で挙げたような理不尽な状況を我慢できるかできないかの違いなんじゃないかと思います


その我慢できるかできないかを決めるのは実は自分の道徳観でありモラルであって


それは明確に教わるものではなく自分の周りの環境で発見していくものです


ですから学校教育が「他人に厳しく自分に甘い」状況を作り出すきっかけにはなっても


直接的な原因までにはなっていないというのが結論です(。 ・ω・)_且~


あくまでどちらに行き着くかは自分次第ですなんですよ(ノ)・ω・(ヾ)きっと


・・・とはいえモラルの形成はやっぱり教育からの寄与もあるので微妙な部分がありますがその議論は今回は割愛しますl;・ω・)








まぁ結局どのスタイルになるかは個人の取り巻く環境や考え方によると思いますが


実際に社会の上で円滑にコミュニケーションを図ろうというのであれば


どうしたって「他人に厳しく自分に甘く」してる限りはそれは望めませんよね(ノ)・ω・(ヾ)


自分の表現が上手くなかったのならそれを認めて訂正する謙虚さや


他人の表現の不自由さを認めて言いたいことを汲み取る寛容な姿勢があってこそ


初めてお互いのコミュニケーションが図れるんだと思います


そうすると僕らの目指す立場というのはやはり「他人に甘く自分に厳しく」なんでしょうね(ノ)ω(ヾ)








(っ・ω・)っおまけw



今回の記事は文章ばっかりで退屈に思った方もいると思いますので


お絵描きした絵でも貼っておきます(っ・ω・)っ


(ノ)・ω・(ヾ)もふもふ

柏餅クッションとすなうさぎちゃん(。・ω・)


すなうさぎちゃんは元は薄めのオレンジなんですが


肌色も薄オレンジなので色付けの差別化が異常に難しかったです(っ;・ω・)っ


もふもふした質感ってどうやって出せばいいんでしょうかね(ノ)ω(ヾ)

海外渡航記part5

(。 ・ω・)_且~前回までのあらすじ






到着!ヽ(。・ω・。)ノ


友達:「( ゚Д゚)テキサスに着いたどー!」
僕:「ヽ(。・ω・)ノばんじゃーい」







(っ・ω・)っというわけで無事(ではなかったですが)目的地に着きました


これでやっと元の旅程通りです


さてどんな街なのでしょうか((( (。・ω・)





まずテキサスに着いてすぐ思ったこと





\カッ/

暑い(  っ  ;  ・  ω  ・  )っ


3月ですし去年アメリカへ行った時は向こうも寒かったのでコートを着て行ったんですが


周りを見渡してもコートなんて着てる人は誰もいなくて


みんなTシャツに短パンという夏の格好をしていました(A;・ω・)


気温にして23~25度ぐらいあったと思います







さてホテルからちょっと歩いたときの風景です

ちょっとだけ歩いたところです
(c) Google : Google mapより拝借しました(ノ)ω(ヾ)
クリックするともうちょっと大きい画像になります


左手に見える建物は確か裁判所のようなものでした


アメリカは道が広いのがいいですね(ノ)ω(ヾ)w






ちょっと地理的に前後しますが街角にはセブンイレブンがありました

セブンイレブンです(。・ω・)

こんなところにもあるんですねぇ(。 ・ω・)_且~・・・と思ったらとんでもない


実はテキサスこそがセブンイレブンの発祥の地なんだそうですΣ(・ω・ノ)ノちょっと驚きですねw








それから道端にはまるで雑草の1つのように

かっくてす、というそうです[。・ω・]

さぼてんが生えてました(ノ)・ω・(ヾ)さすがテキサスですね






それからもう一つテキサスと言えばカウボーイ(。・ω・)


さすがにカウボーイはいなかったんですが


牛さんがいっぱい(「。・ω・)「

これ何かといいますと


全部石でできてます


牛さんの群れを追いかける(?)カウボーイさんの石像です


数十匹分の石像だったので結構な迫力でした







そしてここが今回の目的地の


コンベンションなんとか(ノ)ω(ヾ)


なんとかセンターです(ノ)・ω・(ヾ)とても大きな建物でした


残念ながらここで何をしたかまではちょっと書けませんlω・`)万が一関係者が見てるとまずいのでw






あとちょっと寄り道なんですが


テキサスはあのケネディ大統領が狙撃された場所としても有名でして


実際に狙撃手のいた教科書倉庫にも行ってみました

確かこの建物・・・だったような(・ω・;)

この6階から狙撃したそうです(。・ω・)



その近くにはケネディの記念碑が置いてある建物もありました

これはなんでしょうか(。・ω・)


この中に記念碑があります

こちらが記念碑です

(記念碑の写真はhttp://4travel.jp/overseas/area/north_america/america/dallas/travelogue/10047442/からお借りしました)








そして恒例の夕食たいむ



僕:「(´・ω・)こ・・・今度こそ」
友達:「( ゚Д゚)だから何を」




前回の教訓を生かして今回はちゃんと「Spaghetti」と明記しているのを選んだので


あらおいしそう(・ω・。)

僕は大丈夫だったんですが・・・


友達:「( ゚Д゚)おし、ピザでも食ってみるか」


・・・

たぶん一人で食べるのは想定されてなかったですねこれは(・ω・;)


友達:「(; ゚Д゚)・・・」

僕:「(;・ω・)・・・」




直径30cmはありましたねたぶん(ノ)ω(ヾ)w


友達もさすがにこれは食べ切れなかったようです








3日目はだいたいこんなところでした(っ・ω・)っ


そして4日目は僕がアメリカに行った本来の目的を果たす日だったんですがそれはちょっと秘密なのですlω・)


というわけで最終日









5日目


朝からなんだか熱っぽいようでどうやら風邪を引いてしまったようです(っ;・ω・)っ


友達はもう2日ほど残る日程だったのでこの日は一人で帰ることになりました


まぁ帰るだけなので行きとは違って気が楽でしたね(。 ・ω・)_且~






前日に前もって聞いておいたシャトルバスに乗っていざ空港へ((( (っ・ω・)っ


(っ・ω・)っ・・・の前に





※海外でこれはたぶん使えると思われる豆知識(。・ω・)φ...その5


前回の書いた通り僕は英語がお世辞にも得意じゃなかったんですが


なんとかコミュニケーションをとる方法を見つけました(`・ω・´)


それは疑問文で話すことです


疑問文といっても5W1Hの方ではありません


中学生のときに習う「Do you ~?」や「Can I ~?」のほうです


これ何が良いかといいますと


5W1Hで聞くと具体的な返答が返ってきますが聞き取れないとアウトです


ところが助動詞で始まる疑問文は返答がほぼ必ず「Yes」か「No」なので


さすがにこれなら聞き分けることができますよねl。・ω・)b


なので自分の欲しい情報を疑問文に入れておいてイエスかノーで誘導すると


自分から質問する場合は上手く通じるんです(ノ)・ω・(ヾ)


あと平常文+don't 主格~? で「~ですよね?」と訊こうとするのはあんまりお勧めしません


なぜかというと全部言い終わる前に相手が勝手にしゃべりだすからです(っ;・ω・)っ


それから最後の手段としては筆談も可能です


幸い数字は世界共通なのでフライトの時刻などを書いておいて


どのシャトルバスに乗ればいいですか、というのを訊きたいときは非常に便利です








・・・というわけで帰りは特に問題なく


飛行機を1回乗り継いで日本へ無事到着しました (((( (っ・ω・)っ


帰った日が3月末日ぐらいでして


ちょうどその頃は関東では水の買占めが起きていて


なんだか落ち着かない日々が続きましたが


とりあえずは無事帰ってこれたのが何よりでしたw(。 ・ω・)_且~


次行くのはまた3月になりそうですが


今度はこんな目に遭わないようにしたいですね(ノ)ω(ヾ);w







以上で海外渡航記は終わりです


つたない文章でしたがここまで読んで頂いてありがとうございました(っ・ω・)っ


英語などで何か間違いなどがあればどうぞ遠慮なくご指摘ください



(。・ω・)φ...おしまいw

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プロフィール

Author:ルナミスト
ヘネシスやカニングでぼーっとしてることが多い160レベのビショップです(。・ω・)

最近のIn時間
平日:たぶんInできません
土日:不定期

(`・ω・)プロフィールの絵は更新すると変わる・・かもしれません!(現在5種類)

twitter: るなみすと@Lunamist67

リンク

カレンダー

04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

(。・ω・)φ...BGM詳細

音量がうるさすぎるので休止します(A;・ω・)

過去ログです(・ω・。)

検索できます(っ・ω・)っ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。