スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他人に○○、自分に○○

たまーにいます・・かね?(・ω・;)


よくテレビなんかで誰かの昔のエピソードを紹介するときに


「田中先生は自他共に大変厳しいお方で・・・」という具合に評価しているのがありますが


それを真似してか冒頭に掲げたような「他人に厳しく自分には甘い」という若者が増えてるそうです






まだお世辞にも十分な人生経験を詰んでないのでこんなことを書くのは恐れ多いですが


恐らく「他人に厳しい」っていうのは言うほど難しくないですよね(;・ω・)


ただ単に自分の気に入らないところを指摘して他人に注文ばかりして


また他人からの甘えは一切許さないというのを貫けばいいので


特に情が移らない赤の他人に対してはかなり簡単なんじゃないでしょうか








一方で「自分に対して厳しい」これはたぶんかなり大変です


他人との論争になっても自分をあくまで客観的に、第三者として観察して相対的に評価してどちらが悪いかを判断しなければなりませんし


自分の都合を押し通すのは極力避けて他人に尽くさなければなりません


また何か失敗があればまずは自分の能力不足に起因したものだとして自分を責める必要がありますし


無事に一つのことを成功してもおおっぴらに自分の功績だ、と言わず自分がどこまで寄与したかをやはり客観的に評価して決して過大評価しないように心がけないといけません


・・・まぁよく言えば「謙虚な人」で悪く言えば「(海外から見た)消極的な日本人」ですよね(ノ)ω(ヾ)w










さて他人に対してなぜ厳しくなりがちになるかというのは一つには学校教育が関連しているんじゃないかと僕は考えてます(。・ω・)


学校教育のどんな場でもいいんですが


例えば国語の授業なんかでよく「文章を読むときは行間を読め」と言われるように


さっぱりわからない文章を読まされて筆者の言いたいことを汲み取る訓練を学校ではよくやらされるわけです


一方で自分が何かを発表・表現するとき


例えば英語の授業の英作文


今まで散々よくわからない文章を読まされてきた仕返しだと言わんばかりにみんな難しい単語を使って英作文をしますが


そうすると今度は「簡単な単語を使って『わかりやすく』書け!」と怒られるわけです


要約しますと




自分が聞く立場になると「相手の言いたいことを汲み取るように努めろ」
自分が喋る立場になると「とにかく簡単に、わかりやすく表現しろ」





・・・ちょっと理不尽ですよねw(ノ)ω(ヾ)


こうして学年が上がるにつれて


いつもいつも他人を気遣う側に回される、聞くにしても喋るにしても自分が悪い立場に置かれるということに気づくわけです


するとそのうちどうなるかといいますと


逆の立場にまわろうとするわけですね(。・ω・)






「何が言いたいのかわからない。お前の説明力がないからだ!」
「なんでこれだけ説明してわからないんだ、お前は読解能力がなさすぎなんだよ!」






この手のやりとりは実際インターネット上の掲示板なんかでもよく見かけますよね(ノ)ω(ヾ)w


そしてこれはまさしく「他人に厳しく自分に甘い」というスタイルです


かくして学校教育を一通り終わると理不尽さから逃れようとしてこのようなやや横着な方が現れるんです


ただしここで「したがってこれは学校教育が悪い」と言いたいのではありません


むしろ若者がこの「他人には厳しく自分に甘い」スタイルをとりがちな原因は


上で挙げたような理不尽な状況を我慢できるかできないかの違いなんじゃないかと思います


その我慢できるかできないかを決めるのは実は自分の道徳観でありモラルであって


それは明確に教わるものではなく自分の周りの環境で発見していくものです


ですから学校教育が「他人に厳しく自分に甘い」状況を作り出すきっかけにはなっても


直接的な原因までにはなっていないというのが結論です(。 ・ω・)_且~


あくまでどちらに行き着くかは自分次第ですなんですよ(ノ)・ω・(ヾ)きっと


・・・とはいえモラルの形成はやっぱり教育からの寄与もあるので微妙な部分がありますがその議論は今回は割愛しますl;・ω・)








まぁ結局どのスタイルになるかは個人の取り巻く環境や考え方によると思いますが


実際に社会の上で円滑にコミュニケーションを図ろうというのであれば


どうしたって「他人に厳しく自分に甘く」してる限りはそれは望めませんよね(ノ)・ω・(ヾ)


自分の表現が上手くなかったのならそれを認めて訂正する謙虚さや


他人の表現の不自由さを認めて言いたいことを汲み取る寛容な姿勢があってこそ


初めてお互いのコミュニケーションが図れるんだと思います


そうすると僕らの目指す立場というのはやはり「他人に甘く自分に厳しく」なんでしょうね(ノ)ω(ヾ)








(っ・ω・)っおまけw



今回の記事は文章ばっかりで退屈に思った方もいると思いますので


お絵描きした絵でも貼っておきます(っ・ω・)っ


(ノ)・ω・(ヾ)もふもふ

柏餅クッションとすなうさぎちゃん(。・ω・)


すなうさぎちゃんは元は薄めのオレンジなんですが


肌色も薄オレンジなので色付けの差別化が異常に難しかったです(っ;・ω・)っ


もふもふした質感ってどうやって出せばいいんでしょうかね(ノ)ω(ヾ)

Comment

Secre

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

プロフィール

Author:ルナミスト
ヘネシスやカニングでぼーっとしてることが多い160レベのビショップです(。・ω・)

最近のIn時間
平日:たぶんInできません
土日:不定期

(`・ω・)プロフィールの絵は更新すると変わる・・かもしれません!(現在5種類)

twitter: るなみすと@Lunamist67

リンク

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

(。・ω・)φ...BGM詳細

音量がうるさすぎるので休止します(A;・ω・)

過去ログです(・ω・。)

検索できます(っ・ω・)っ

カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。